慰謝料の折衝

入通院慰謝料それでは、交通事故に関する相談を弁護士に行うという場合、どのようなことを相談できるのか、ということについて簡単に紹介します。最初に紹介するのは慰謝料の支払いに関係する相談についてです。慰謝料というのは交通事故に伴って発生した精神的苦痛に対する賠償を行なうという仕組みのものとなっています。

請求自体については、相手が受けたという精神的苦痛に応じた金額が請求されることになりますが、それが適正な金額であるのかどうかによって折衝することが必要となります。過去の判例と照らし合わせつつ、今回の事故についてを判断し、その金額が適正であるかどうかを確認することができるのが弁護士の強みです。

例えば、慰謝料の種類の1つとして入通院慰謝料と言うものが存在しています。この入通院慰謝料というのは、入院や通院が必要になった場合、それ自体に対して発生する精神的苦痛に対する賠償を行なうというものです。これについては、自賠責基準である場合については、通院のみで3ヶ月の場合で25万円前後、6ヶ月の場合で50万円前後、入院1ヶ月通院6ヶ月で75万円前後、というように概ねの金額が設定されているため、これを基準にして請求者との折衝を行なうことができます。