積極損害の請求内容

さらに交通事故に関係する損害賠償の種類の1つとして、積極損害に対する損害賠償というものがあります。この積極損害というのは、交通事故によって直接発生した損害に対する賠償と言う意味を持っているものです。間接的に発生するものではなく直接発生しているものであるため、請求額についてもそれほど大きな振れ幅が発生しないようになっているのが特徴と言えるでしょう。それでは実際に交通事故によって発生することがある積極損害としてはどのようなものがあり、請求額がどのように決定されるのか、ということについても紹介します。

積極損害交通事故で発生する積極損害としては、まずは治療に関係する費用というものがあります。治療自体に必要となる治療費、通院のために必要となる交通費、看護のために必要な付き添い看護費、入院に必要となる入院雑費などがこれにあたります。これらの費用は全て積極損害として扱われることになるため、請求された場合についてはそれを支払うことが必要となります。この他にも、もし死亡事故であった場合については、葬祭費などが積極損害の費用として発生することになります。

さらに、被害者側が付けている弁護士に対する費用についても、損害賠償の一部となります

慰謝料の折衝

入通院慰謝料それでは、交通事故に関する相談を弁護士に行うという場合、どのようなことを相談できるのか、ということについて簡単に紹介します。最初に紹介するのは慰謝料の支払いに関係する相談についてです。慰謝料というのは交通事故に伴って発生した精神的苦痛に対する賠償を行なうという仕組みのものとなっています。

請求自体については、相手が受けたという精神的苦痛に応じた金額が請求されることになりますが、それが適正な金額であるのかどうかによって折衝することが必要となります。過去の判例と照らし合わせつつ、今回の事故についてを判断し、その金額が適正であるかどうかを確認することができるのが弁護士の強みです。

例えば、慰謝料の種類の1つとして入通院慰謝料と言うものが存在しています。この入通院慰謝料というのは、入院や通院が必要になった場合、それ自体に対して発生する精神的苦痛に対する賠償を行なうというものです。これについては、自賠責基準である場合については、通院のみで3ヶ月の場合で25万円前後、6ヶ月の場合で50万円前後、入院1ヶ月通院6ヶ月で75万円前後、というように概ねの金額が設定されているため、これを基準にして請求者との折衝を行なうことができます。

弁護士の選び方

弁護士交通事故を起こしてしまった場合の相談相手として弁護士をえらぶ場合、まずポイントとなるのはどのような弁護士を選んで依頼をするのか、ということについてです。弁護士は基本的に幅広く法律をカバーしている職業ではありますが、それぞれの弁護士によって得意分野というものがあるのもまた事実です。

そのため、できることならば交通事故に関係する相談に多く対応しており、実績のある弁護士を選択することができれば良いでしょう。弁護士事務所によって得意としている分野に違いがあるため、その点について注目しつつ弁護士を選ぶのが良い方法ということになるでしょう。

このような場合、弁護士事務所によっては相談だけであれば無料で行うことができるようなサービスを実施している場合も少なからずあります。どのような弁護士に依頼するのが良いのかわからないという場合については、このようなサービスも利用することによって、それぞれの弁護士事務所の能力や相性について推し量るようにすると良いでしょう。できるだけ交通事故案件の実績が豊富な法律事務所を探せるようにして下さいね。

推奨リンク>>>交通事故 弁護士
└交通事故の解決実績が豊富な法律事務所のサイトです。