積極損害の請求内容

さらに交通事故に関係する損害賠償の種類の1つとして、積極損害に対する損害賠償というものがあります。この積極損害というのは、交通事故によって直接発生した損害に対する賠償と言う意味を持っているものです。間接的に発生するものではなく直接発生しているものであるため、請求額についてもそれほど大きな振れ幅が発生しないようになっているのが特徴と言えるでしょう。それでは実際に交通事故によって発生することがある積極損害としてはどのようなものがあり、請求額がどのように決定されるのか、ということについても紹介します。

積極損害交通事故で発生する積極損害としては、まずは治療に関係する費用というものがあります。治療自体に必要となる治療費、通院のために必要となる交通費、看護のために必要な付き添い看護費、入院に必要となる入院雑費などがこれにあたります。これらの費用は全て積極損害として扱われることになるため、請求された場合についてはそれを支払うことが必要となります。この他にも、もし死亡事故であった場合については、葬祭費などが積極損害の費用として発生することになります。

さらに、被害者側が付けている弁護士に対する費用についても、損害賠償の一部となります